デザインコンペやクラウドソーシングなら

フリーランスのデザイナーになるには

私達の身の回りには、様々なイラストやデザインがあふれています。
これから、そんなイラストやデザインを手がけるフリーランスのデザイナーとして、独り立ちを目指しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
こちらでは、フリーランスで独り立ちを目指すデザイナー様向けのポイントについてご紹介します。


基礎のデッサンを重視しよう

デザイナーとしての基本には、ファーストインプレッションでいかにイメージを伝えられるかという部分が重要になります。
そのためには、自分の思い描いているイメージをしっかりと形にできるというデッサン力が必要です。
デザイン性が高く、顧客である企業様の意図を汲み取ったロゴを繊細に表現するためにも、表現テクニックはいくらあっても困りません。
しっかりと思ったものを思ったままに、見たものを見たままに形にできるよう、デッサン力を磨きましょう。


コンテストやコンペに参加しよう

フリーランスのデザイナーとして独り立ちするためには、まず名前や作品を多くの方に見てもらわなければなりません。
企業が、自社製品の名前や味をPRするように、デザイナーは名前と作品の質をPRする必要があります。
そのためにも、デザインコンペやイラストコンテストへの応募は、より多くの方の目に触れるチャンスです。
また、自分の実力を測ることもできます。


法律・税金のことを調べておこう

フリーランスのデザイナーとして長く続けていくためには、デザインのことだけを考えているわけにはいきません。
デザイナーとして活動するためには、個人事業主としてやっておかなければならないことがいくつもあります。
たとえば、社会保険に関して。
個人事業主は、健康保険、厚生年金が原則加入対象となりません。
このように、個人事業主として生活していくためには、税金に関する知識も必要になるのです。
20年、30年とデザイナーを続けていく中では、デザイナーとしての力だけでなく、経営やマネージメントの視点も必要になります。


デザインフューチャーでは、企業様からご依頼を受けるデザインコンペだけでなく、デザイナー様から募集したデザインで行うDFグランプリも開催しております。
こちらでは、受賞したデザインは商品化され、弊社のECサイトにて販売しております。
いつか独り立ちできるよう、デザインフューチャーでデザイナー力を磨いてみませんか?
自分のデザイン力を試す機会として、お気軽にご応募ください。


デザイナーの未来を創造するクリエイティブプロジェクト

デザイナーの未来を創造するクリエイティブプロジェクト【Design Future】です。クラウドソーシングデザインコンテストを通し、21世紀を代表するデザイナーを輩出します。オシャレTシャツをお探しの方も是非ご利用下さい。


クラウドソーシングのメリットコンテスト募集時の注意点フリーランスのデザイナーになるにはデザイナーとして起業するためにデザインのオシャレなTシャツを探そう
クラウドソーシングで仕事を見つける魅力フリーランスとして働くメリット独特の美意識を持つ日本のデザイナーデザイナーが手掛けるオリジナルTシャツデザイナーズTシャツを着こなす